アニメ、ゲーム、漫画についての戯言垂れ流し。 TB、コメント、リンクはご自由にどうぞ、管理人が喜びますので。

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

2005/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬コミで発売されましたね!

そうです、あれです!


『ひぐらしのく頃に 解』




よし、積んだ!



は~い次ですね、

今日、ヨドバシカメラを歩いていると、
ゲーム、おもちゃコーナーに、ジャリン子可愛いお子さん達が
あふれかえっていたので、「あら何かしら」と見てみると
攻略本コーナーに『おいでよどうぶつの森 かんぺきガイドブック』が
大量に、そりゃもうもっさりと置いてございました。


3社くらいから同時にそれぞれ発売されたようですが、
それぞれ一冊ビニールがかかっていない立ち読み用があったので、それを手に。

『大丈夫 ファミ通の攻略本だよ』

と、
何が大丈夫なのかはたはた疑問ですが
そんなキャッチコピーの攻略本を見ていると、
横からなんだか熱い視線を感じます。

「あら何かしら」、と横を見てみると。
そこには僕の持っている『おいでよどうぶつの森 かんぺきガイドブック』を
つま先立ちで凝視している、ガキんちょお子さまがいらっしゃるではありませんか!

ま、つま先立ちは嘘ですが。

それはそれは、物欲しそうに見ているわけですよ。
この『おいでよどうぶつの森 かんぺきガイドブック』、
立ち読みできるのは1冊だけなので、僕が読んでいると、その少年、まあ仮にサトシくんとしましょうか。
僕が読んでいると必然的に、サトシくん(仮)が読めないわけです。
当然ですね。

サトシくん(仮)は他社の攻略本には目もくれず、
『大丈夫 ファミ通の攻略本だよ。』のフレーズにだまされたかのように、
まるで悪い妖精さんに騙されたかのように、僕の手にする『おいでよどうぶつの森 かんぺきガイドブック』を見つめてきます。

「そうかそうか、そんなにサトシも『かんぺき』になりたいのか。
だが!これは渡せないな!お兄さんも『かんぺき』になりたいからな!
その気持ちといったら、サトシの倍、
いや、限定解除が解けた今ならもはや5倍だ!

立ち読みってのは、タダで読めるってことなんだ!
それはとてもとても大切なことなんだよ!
お前にはこの『おいでよどうぶつの森 かんぺきガイドブック』は渡せない!
渡せるものかバカ野郎!」

と、熱い叫びをサトシくん(仮)にテレパスで伝えると
サトシくん(仮 小3)は僕のそばを離れてふらふらと歩いていきました。

そうか、俺の魂の叫びが通じたんだね。
ありがとう、サトシ、いや、もうソウルフレンドと呼ばせてもらうよ。

と、その後しばし『おいでよどうぶつの森 かんぺきガイドブック』をながめていました。

「ふむふむ、青いバラを作るには紫バラと黒バラが必要で、紫バラには白バラが必要で、黒バラには紅バラが必要で・・・なんのこっちゃ、難しくてよく分からんですばい、ほんなこつ!」

なんて思考にふけっていると、
さっきよりも熱い視線と、それを遥かに凌駕する刺すような冷たい視線を感じます。

「あら何かしら?」と横を見ると、
さきほどのソウルフレンドが再び立っているではありませんか。

「やあ、サトシ・ソウルフレンド・田中(仮)!何か僕に用かい?チェケラ」
と、テレパシー挨拶を交わそうとすると


なんとサトシくん(仮 一ヶ月前にDSを飼ってもらった)
の横には、お母様が!


「お、お母様ァァ!!」

「このとがったナイフのような冷たい視線の正体はお母様でいらっしゃったのですねぇェェ!」


・・・。


・・・・・・。





そんなこんなで、おい森の攻略本買いました。

・今日の教訓
『立ち読みは 周りの人と 仲良くね』

母の力は偉大です・・・


人気blogランキング
↑村の家が3階建てになりました
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。