アニメ、ゲーム、漫画についての戯言垂れ流し。 TB、コメント、リンクはご自由にどうぞ、管理人が喜びますので。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかんだで、書くのに2日かかってしまいました。
まったく時間が欲しいです。

ということで、お送りするなのはA'sレビューですが、
前回の妄想レビューが意外にもにも好評だったので、なのはA'sレビューは

「なのはと愉快な仲間達A's」

として、本編のストーリーを追いつつも、台詞や性格が45度くらい違うレビュー
として進めていきたいと思います。

無駄に時間をかけるので、更新はせいぜい放送日の2日後以降です。
というわけで、本編を見た後に、ちょっと一息いれるくらいのものとして読んでもらえれば、幸せです。

本編を深く知りたい、愛がある考察、感想を希望の方は
パズライズ日記さんへどうぞ。
詳しい情報やためになる考察は、とても読み応えがあります。



『なのはと愉快な仲間達A's 第2話』


前回までのあ ら す じ

あの事件から約半年。
フェイトとの再会を待ちわびながら魔法の修行にはげむなのはに、突然の襲撃者が現れた。
何故自分は戦っているのか戸惑うなのはに、襲撃者ヴィータの攻撃が飛ぶ。
圧倒的な火力を目の前に、絶体絶命のピンチに陥るなのはだったが、
その危機を救う一人の少女が。
少女の名前は・・・フェイト・テスタロッサ── 





場面は閑静な住宅街。
すでに日も落ちて、静まり返った屋敷に少女の楽しそうな声が。




「そっか、そうだったんだ~」

声の正体はアリサ・バニングス
なのは、すずかの大切なお友達です。
どうやら、電話の話題はフェイトのことのようです。




フェイトはなのはの大事な友達。
アリサにとっても、フェイトは大切な友達です。
みんなの写真を前に、もうすぐ会えるらしいフェイトの話で盛り上がっています。
ちなみにアリサは犬派のようです。
犬の名前はナギサ、ホノカ。




電話の相手は月村すずか。
アリサと同じくフェイトとの再会を楽しみにしているようです。
すずかは猫派のようです。
猫達の名前は、カレン、サクヤ、カホ、チカゲ、アリ・・いやもういいです、なんでもないです。
とりあえず飼っている猫の数は半端ないようです。
そんなすずかの最近気になるはやてちゃんは、どっちかというと子犬系。




「なのはちゃんはもっともっと楽しみなんだろうね~」
「そうね~、フェイトがこっちに来るって聞いて。なのは本当に嬉しそうだったもんね。」




(その時のなのはさん)

さすが、親友。
なのはのことはなんでもお見通しのようです。




「フェイトのお迎えイベントよ!」

イベントを思いついたアリサ。
突然席を立って歩き出すあたり、思いついたら止まらないタイプのようです。
どうやら開催場所は高町家が経営する喫茶「翠屋」。
おいしいケーキが自慢のお店です。
きっとなのはも飛び上がって喜んでくれるだろう、そう思い自然と笑顔がこぼれる親友二人でした。




(そ、それどころじゃないです・・・)

一方、親友達が楽しい企画に胸を躍らせている中。
高町なのは、依然ピンチです。
なのはの前には、白馬に乗った王子様よろしくフェイトがヴィータからなのはを守ります。




「民間人への攻撃・・・軽犯罪では済まない罪だ」

クールに振舞っていますが、愛しのなのはを傷つけられて、実は内心怒りで爆発しそうなフェイトさんです。




「あんだテメェ!」

それに対し、完全に街にたむろするヤンキーの台詞のヴィータ。
まさにカツアゲ中、いきなり正義の味方面した乱入が入ってきた時の状態です。




「時空管理局嘱託魔導師、フェイト・テスタロッサ」

「抵抗しなければ、弁護の機会はキミにはある。同意するなら、武装を解除して・・・」
「誰がするかよッ!」

弁護やら同意やら難しい単語が出てきたので、とりあえず反論してみたヴィータ。
【嘱託】については漢字すら出てきませんでした。
しかし、時空管理局という冠を聞いてちょっと心変わり。
ということで。




「お、覚えてろ!」

お上が出てきちゃかなわん、とヴィータ離脱。
引き際の分かる敵役です。




「に、逃げた」

なのはをここまで追い詰めた敵が、逃げ出すとは予想していなかったフェイト。
なのはをユーノくんに任せ、あわててヴィータを追います。




「ユーノくん・・・」

せっかく会えたのに、フェイトは行っちゃった。
ユーノくんが行ってくれればよかったのに・・・そうすればフェイトの手厚い看病を受け長い間連れ添った二人は次第に互いの事を意識して・・・うふふふ(はぁと)。
と思ったなのはですが、口には出しません。




(な、なんだろこの表情・・・さっきも僕のこと忘れてたみたいだし、どどどどうしようやっぱりフェレットの方がいいのかな)

と心配になったユーノくんですが、小心者に見られたくないので平静を装ってなのはに回復魔法をかけます。




「あれは誰?なんでなのはを?」

フェイトの裁判が終わり、なのはに連絡を取ろうとしたが、連絡はとれない、結界が張られてるという怪しい気配を察知し、慌ててこの場にきたことを説明するユーノくん。

そして一番の疑問は、あの赤い髪の少女。
なんであんなにヤンキー口調なんだろう・・・
もちろん、なのはもヴィータの名前も知りません。




「でももう大丈夫。フェイトもいるし・・・」
「アルフもいるから」


そう、ここにはいませんがフェイトの使い魔アルフも来ているのです。
でも、なのははとことんフェイトLOVEだから、
アルフはおまけみたいなものかな、と思ったユーノくんでしたが・・・




「アルフさんも?」
(なにそのリアクション・・・)

自分の時とは大違いな反応に、ますます不安になるユーノくんでした。




一方、ヴィータを追うフェイト。
逃げたにもかかわらず、空中でフェイトを待ち受けるヴィータ。
これはあれです、場所を変えようという戦闘ものアニメによくあるパターンです。
このヴィータ、そうとう戦い慣れしているようです。




「アークセイバー!」

バルディッシュを操り、アークセイバーを発動させるフェイト。
先制攻撃を仕掛けるあたり、なのはを想っての怒りが感じられます。




「グラーフアイゼン!玉突きボンバー!!」

対するヴィータも射撃系魔法で対抗。
グラーフアイゼンはどうやらドイツ語のようなので、さすがのフェイトも聞き取れません。
ということで、技名は仮名です。
詳しい情報希望です。




「甘ぇよ!」

玉突きボンバー(以下、玉)を打った後、すかさず魔法障壁を展開するヴィータ。
フェイトのアークセイバーは惜しくも防がれてしまいました。




(当たらないよ)

そしてフェイトを襲う玉。
直前でヒラリとかわすも、玉は追尾してきました。
どうやら追尾機能もある玉のようです。
すごい!すごいぞ玉!
この辺なのはのディヴァインシューターと似ています。




「ッ!!」

玉を振り切るべくフェイトは回避行動を続けます。
しかしフェイトに集中するヴィータに襲い掛かる影が!




「バリアーー!!」

そう、アルフです。
アルフ登場です、フェイトのピンチを救うべく、拳を振り上げ・・・




「ブレイクッ!」

小学生にも分かるやさしい単語で、ヴィータの障壁を破壊。

しかし、血の気の多いヴィータはそんなことにはビクともせず、すぐさまアルフに反撃。




「な、なんて赤い!」

自分と同じ赤い髪!
血の気の多さが髪の毛に表れると信じていたアルフは、ヴィータに自分に似た気質を感じつつも反応の速さに驚きます。
慌てて障壁を展開するも、ヴィータの攻撃には耐えれず、後退。




「横からごめんね!」

玉をやりすごしたフェイト。
アルフの作ってくれた隙を見逃しません。
ヴィータの気がアルフに向いているうちに、と思いアタック。
しかしグラーフアイゼンが危険を察知し、ヴィータも間一髪フェイトの攻撃を避ける。
いいコンビネーションです。




「ハァ!!」

さらにその隙をつき、アルフがヴィータを足止め。
フェイトのサポートはお手のもの。
前衛サポート魔法ならどんとこいのアルフさんです。
しかし、特筆すべきはその
小学生のなのは達にはない魅力があります。




「くっそぉ、乳お化けめ!」

アルフの足止めをうけ、フェイトと鍔迫り合い状態へと持ち込まれるヴィータ。
シグナム、シャマルともに、大人のお姉さんなので常にそっち系の問題には頭を悩ませているようです。




「カートリッジ残り2発・・・」
「やれっか!?」

ヴィータたち「ベルカ式」の魔法に使用するカートリッジ。
絶大な威力を発揮するアイテムですが、ヴィータは倒すだけでなく、相手の魔力を奪わないといけない。
そう、闇の書のためです。

某ドラ○ンボールの主人公のような口調で、これからの戦いに気合を入れるヴィータ。
きっと愛読書は週刊○ャンプです。


それを見つめるなのはとユーノ。



「乳お化け・・・」
「な、なのは・・・」

大丈夫です、なのはさん。
そういうのが好きな人も世の中にはいます。

ユーノくんが言うには、アースラチームも、裏でがんばっているようです。
しかし、良く知る「ミッドチルダ式」の術式とは違うようで、ベルカ式の術式解析に困難を示していました。




フェイトvsヴィータ。
アルフが加わったことで、徐々にフェイトチーム有利になっていました。
そしてついに、アルフの拘束魔法がヴィータを捕らえる。




「終わりだね。名前と出身世界、目的を教えてもらうよ。」

普段は優しいフェイトですが、職務中はしっかりと役割をこなします。
ちょっと語尾がキツいのは、「なのはをよくもやってくれたわね、コンチクショウ」という深層心理の表れです。




「くっ!」

さすがに、ここまで動きを封じられては何もできないヴィータ。
しかし、その時!




(こ、このプレッシャー!)

アルフがとてつもない何かを感じます。
これは!?
もしや目の前の赤いのが何かしたのか、と驚くアルフ。




(ガキィィン!)
「な、なに!」

突然の衝撃に体ごと弾き飛ばされるフェイト。
一瞬のことで何が起こったかわかりません。
そして、フェイトの前に立ちはだかるのは!




「シグナム!」

そうです、みんなのアイドルシグナムさんです。
(主に僕ですが)
その鋭い真っ直ぐ瞳はただ前を見つめ、その視線の先はフェイトのもとへ。
アルフには目もくれず、フェイト一直線。
これはシグナムさんもフェイトの魅力に気付いたのでしょうか。

とりあえず素晴らしい登場。
シグナム最高( ゚∀゚)ノ




「オレ、ザフィーラァ!」

と思ったら、アルフにはザフィーラが向かいます。
シグナムチームもなかなかいい連携がとれているようです。
大声をあげてアルフに襲い掛かるザフィーラ。




「こ、声デカッ」

まさかの援軍に、振り向くアルフ。
そこにはすでにザフィーラが・・・




「ザフィーラキック!」

ザフィーラのハイキックをブロックするも、アルフは吹っ飛ばされてしまいました。
ザフィーラの扱いがひどいと思われるかもしれませんが、仕方がないのです。
今後の活躍次第です。




「レヴァンティン、カートリッジロード!」

アームドデバイス「レヴァンティン」にカートリッジをロードするシグナム。
レヴァンティンはその身に炎を纏い・・・




「紫電一閃!」

その掛け声とともにフェイトへと空を駆けるシグナム。
あまりの速さに驚くフェイトだが、かろうじてバルディッシュを構える。
しかし!




「ハアァァ!!」

シグナムの強烈な一撃により、バルディッシュは真っ二つに!
しかしシグナムは止まらない。
再びレヴァンティンを振り上げ・・・



「ハァ!!」

直撃!かと思ったフェイトだったが、バルディッシュが自ら障壁「ディフェンサー」を展開し、直撃を逃れる。
しかし、その破壊力はすさまじく、フェイトはビルへ叩きつけられる。
そして、そのの破壊力もすさまじく、乳要員のアルフさんはお役ご免です。



「フェイト!」

そんなフェイトをみて、後を追うべくビルへ向かうアルフだったが、
立ちはだかるのはザフィーラくん。




「くっそぉ、キャラかぶってんだよ!」

動物から人型に変身するポジションに入ってこられ、アルフもお怒りモードです。
なんだその耳!真似すんな新入り!と言いたげです。




「なのはは絶対ここから出ないでね」

一方、なのはとユーノ。
なのはの周囲に回復を防御の結界をはり、自分も戦いに臨むユーノくん。
自分だって役に立つんだということを、なのはにアピールです。




「ユーノ、いっきまーす」
(だ、大丈夫かな・・・色んな意味で)

ユーノくんの相変わらずの艶めかしいフトモモに、貞操の危機を覚えるなのは。
お姉さん達に悪いことされませんように・・・
そう祈ってやまないなのはでした。


一方、シグナム、ザフィーラの加勢により一気に有利となったヴィータ達。


「油断でもしたのか?」
「うるせえよ!こっから逆転するとこだったんだ。」

と、一見険悪なムードですが、ヴィータの主張を受け入れてやさしく謝るあたり、シグナムさんはヴィータの扱いには慣れているようです。
シグナム達のマスター、つまりはやてちゃんに心配をかけるな、と忠告するシグナムですが・・・




「わかってらぁい」

江戸前頑固親父かと思うくらい素直じゃないヴィータさん。
これはシグナムさん手を焼きそうです。
と思いきや、秘策のアイテム登場。




「落し物だ、破損は直しておいたぞ」

先のなのはとの戦闘で、落としてしまった大切な帽子。
帽子の想い出についてはまだ語られていませんが、
このヴィータがすぐ「ありがと」と言えるくらい大事なもののようです。
それにしてもシグナムさんはいいお姉さん立場です。




「状況は実質3対3」
「1対1なら、我らベルカの騎士に・・」




「負けはねェ!!」
(取るなよ・・)

せっかくの決め台詞を取られたシグナムさん。
お姉さんですから、不満は口に出しません。
そして、気持ちを戦闘モードに切り替えます。
帽子も復活してパワーも気合も満点なヴィータですが・・・




「闇の書・・・失くしちった」
(・・・こ、こいつ)

シグナムさんの気苦労は絶えません。




「作戦タイム」
「了解であります」

その頃、ユーノくんはフェイトのもとへ到着。
壊れたバルディッシュは本体が無事だったので、修復可能でした。
そして、フェイト作戦部長発案の元、この結界から脱出することに。
ここで頼りになるのはユーノくんです。




(・・・ん?)

さあ作戦開始です。
ビルから飛び立つフェイトの目に映ったのは、ユーノくんの結界の中でこっちを見つめるなのは。




(・・・か、可愛い)



(よ、よし!ここはなのはにいい所をみせて、フェイトちゃんステキ好き好き大作戦!)
「作戦変わってるよ」




「わ、分かってます!」

ユーノくんに注意されてしまいました。
しかし次の瞬間には真剣な表情になり、いざ戦いの舞台へ。




「作戦開始」
「ま、まってよ~」

内心ちょっと怒っているフェイトさんでした。




場面ははやてちゃんの家へ。
3ヶ月前までは、どこか暗い雰囲気の八神家でしたが、シグナムさん達ヴォルケンリッターチームのおかげで、明るく楽しいお家になっているようです。




そしてはやてちゃんはお料理中。
みんなの晩御飯を作っているのでしょうか。
そして、ザフィーラくんのご飯は人用、動物用どっち系なんでしょうか。
そんなはやてちゃんに、シャマルさんから電話が。
どうやら買い物の都合で帰りが遅くなるようです。




「ふふ、これでアリバイは完璧ね♪」

しかし電話の向こうのシャマルさんは、なんとフェイト、ヴィータ達が戦うあの場所に。
はやてちゃんに心配をかけたくないのは分かりますが、嘘はいけません。




さらにヴィータお探しの闇の書は、何故かシャマルさんが持っていました。
いったい、何故シャマルさんの手に・・・
その謎はシャマルさんの指先に隠されていました。




指輪の正体は、シャマルさんのアームドデバイス「クラールヴィント」
通信・運輸・救護の力を持つクラールヴィントで、どうやらヴィータの闇の書をゲットしたようです。
はやてちゃんへの電話もこれでOK、戦闘には向かないも使い方次第では便利なアイテムです。
そしてシャマルさんは、クラールヴィントを再び掲げます。
その示す方向は・・・




そして、復帰したフェイトと戦うのはシグナム。
さっきは不意をつかれたためやられてしまいましたが、今度こそ!




「フォトンランサー!」

フォトンランサーを4発同時発動。
相手は剣、きっと射撃系に弱いはず。
昔やったゲームを思い出しながら、フェイト攻撃。




「レヴァンティン、私の甲冑を。」

フェイトの攻撃を間近にしながら、冷静なシグナムさん。
甲冑に魔力を込めます。
シグナムさんの甲冑は、オーラを纏います。




「打ちぬけ!ファイヤー!」

そんなことはお構いなし、フェイトはフォトンランサーを4発同時に放ちます。
あの甲冑がいくら丈夫でも、4発も受ければさすがに・・・




(・・・ふ)

しかし、フォトンランサーを目前に、シグナムさんは目を閉じます。
戦闘の最中だというのに、とてつもない精神の持ち主です。
そして、全てを受け流す無の心。
フェイトの攻撃は、甲冑に防がれカスリ傷ひとつ付けられませんでした。




(ふ、PS装甲!?)

さすがのフェイトもこれには驚きます。
障壁のようなものは見当たりません、ということはあの甲冑が・・・




「魔導師にしては悪くないセンスだ。
だが、ベルカの騎士に1対1を挑むには、まだ足りん!!」


さっきはヴィータに台詞を取られましたが、今回はちゃんと最後まで言えました。
そして、フェイトの読みは外れ、シグナムさんは魔戦士でした。
意味が分からない人はFE外伝をプレイしましょう。




(ニンニン!)
(何!)

攻撃を防いだシグナムさんの攻撃。
構えるフェイトですが、あまりのスピードに残像を残し、シグナムさんを見失います。




「ハァァ!」

次の瞬間、フェイトの目の前に!
その姿はまるで電光石火、「紫電一閃」はシグナムさんのためにあるような言葉です。




「さっき横に消えた!絶対横だったもん!」

まさか、上から攻撃が降ってくるとは思っていなかったフェイト。
そう、シグナムさんは魔戦士なのです、一回画面から消えて切りかかってくるのです。
FFでたとえるなら竜騎士のジャンプです。




「くぅ!」

さらにカートリッジをロードしたシグナムの攻撃に、再びビルに叩きつけられるフェイト。




それを見たなのははフェイトが心配でたまりません。




「僕だってやる時は!」

ヴィータの相手をしながらも、結界から転送するの準備をするユーノくん。
やる時はやります、男の子だもん。
しかし、空間結界がなかなか破れないようです。
アルフにも協力してもらっています、アルフの方はどうだろう。




「ガォォン!(ザフィーラです)」
(お前じゃないよ!)

いつの真にか獣タイプに変身しているザフィーラくん。




「本物はこっちだってば!」

相変わらずキャラがかぶるザフィーラにイライラするアルフ。
アルフも頑張っていますが結界は破れないようでした。




「私はシグナム。そして我が剣レヴァンティン。」
「お前の名は?」


いくら倒れても立ち上がるフェイトの気迫を評価し、騎士として名前を名乗るシグナムさん。
対するフェイトは・・・




「さ・・」

フェイトテスタロッサ。この子はバルディッシュ」


真っ先に思いついたのが「早乙女愛」でしたが、さすがに自粛したフェイト。
愛読書は意外にも週刊○ンデーのようです。
詳しくは『道士郎でござる第1巻』を参照です。

互いの名前を知り、力をぶつけ合う二人。
いつの日か友情が芽生えることでしょう。
そうなれば、なのはが黙ってないかもしれませんが。




「なんだろ、この悪寒・・・」

乙女の勘で、なのはは何かを感じます。
まさかフェイトが知らない所でシグナムと語っているとは思いません。
フェイトを助けなきゃ、自分がみんなを助けなきゃと思うなのはですが、傷ついた体は意志とは反対に動きません。




「シューティングモード、変身!」

と、そんな時、レイジングハートが自らシューティングモードに変身。
そして、スターライトブレーカーを打つようにと、なのはに告げる。




「そんな、無理だよ。そんな状態じゃ!」

このままではレイジングハート自体が耐えれるかどうか分からない。
そう心配するなのはですが、レイジングハートは引きません。




「私は、なのはを信じるわ。」
「だから、なのはは私を信じて。」

なのはを信頼しているから。
なのはの大切な仲間を助けたいから。

レイジングハートの口調が変ですが僕には「やさしいお姉さん」として見えているので間違いではありません、仕様です。
ちなみに僕の中では生天目おねいさんです。
各自、好きな声に変換してお楽しみください。




「レイジングハート・・・」

そんなレイジングハートの想いを受け、なのはは決意します。




「いくよ!レイジングハート」
「ええ」

スターライトブレイカーで結界を破壊する。
フェイト、ユーノ、アルフにそれを伝え、タイミングを合わせて転送するように指示するなのは。
なのはを心配するフェイト達だったが、
ついにレイジングハートがカウントを始める。




「9、8、7・・」



「何ッ?」



「にょ?」

とてつもない魔力の高まりを感じたシグナム、ヴィータ。
しかし、フェイト、ユーノくんがなのはの邪魔はさせないとばかりに、道を塞ぐ。




「レイジングハート、大丈夫?」
「大丈夫よ、続けて!」

受けたダメージのためか、途中カウントが停止。
しかし、なのはのために最後の力を振り絞ります。
そしてついに、スターライトブレイカーを放つ──




「はガッ!!」

な、何が起こったのでしょうか!
突然なのはの目は驚愕に見開かれ、結界を貫くはずの光の柱はそこにはありませんでした。




「な、なの・・・は?」

その姿を捉えたフェイトは、驚きのあまり戦いの手が止まります。
さすがのシグナムさんも、この事態には表情を強張らせます。




「あ、あ、あ・・・」

「あわあわあわわわわわ、ななななのはがなのはが!!大変よ!大変、救急車、救急車ァー!」

なんと、なのはの胸からはの手らしきものが!
ありえない、普通なら絶対にありえない状況です!
こんな攻撃を受けたのは、なのはにとってはもちろん初めてです。




「失敗しちゃった♪てへっ♪」

♪でごまかしていますが、この人相当エグイことやっています。
気付いているんでしょうか。
全国のなのはファンはきっとシャマルさんのことがありえないくらい、なんかもう本当に嫌な人に見えたはずです。

再び、今度はなのはの魔力の源「リンカーコア」を目指し、手を薦めるシャマル(もう「さん」なんてつけません)。




「なのはがなのはがなのはが!」

レイジングハートもそうですが、フェイトの慌て方も大変なものです。
すぐになのはのもとに飛んで行くも、シグナムさんに行く手を阻まれます。
力を認め合った相手でも、今この時は相対するもの同士、騎士としての精神は捨てられないシグナムさん。




「リンカーコア、捕獲」

なのはのリンカーコアをその手にしたシャマル。
なのはの魔力はシャマルの「蒐集」の言葉と主に闇の書へ。




「くぅ、う、あ・・」
「な、なのは、そうよ!がんばりなさい!」

闇の書に魔力を吸い取られながらも、なのはの心は壊せません。
助けたい、みんなを助けたい。
とくにフェイトちゃん!
強い想いを力に、高町なのは頑張ります。

やっと落ち着いたレイジングハートも、なのはを応援します。
そう、これは二人の気持ちが大切なのです。




「なのは、がんば!」

ユーノくんも見守ります。




「なのは、がんばれ!」

アルフも、表情は恐いですがなのはを見守っています。




「カウント『ゼロ』!・・なのは!」

「スター・・ライトー!」

レイジングハートがカウントゼロを告げます。
そして!




「ブレイカー!」
「ブレイカー!」

ついに、「スターライトブレーカー」が発動。




すさまじい衝撃とともに、なのはの想いを載せた光の柱が空を貫きます。
その力は、結界を破壊するには十分すぎるほどに絶大です。




「結界、破れました!映像来ます!」

アースラでは結界が破れたため、ようやく内部の様子を確認。




「や、やりましたぁ~」

魔力を使いきり、倒れるなのは。
体力的にも、精神的にも、危険な状態です。
そんななのはを見て、リンディは医療班を向かわせます。
フェイト達も駆け寄り、すぐに回復魔法を施すが・・・




「一旦散って、また集合」

というシャマルの掛け声とともに、結界を破壊されたヴォルケンリッターチームは解散。
この手際のよさからいって、シャマルは作戦リーダーの位置のようです。




「あれはっ!」

ヴォルケンリッターを追跡すべくがんばるエイミィですが、すんでの所で失敗してしまいます。
しかし、モニタに映ったシャマルの持つ闇の書を見て、普段の姿からは想像できないほど驚くクロノ。




「第一級捜索指定遺失物
ロストロギア、闇の書・・・」


そう呟くクロノにエイミィが尋ねる。



「ああ知ってる。
少しばかり・・嫌な因縁があるんだ」





続く


→なのはと愉快な仲間達A's 第1話へ
→なのはと愉快な仲間達A's 第3話へ


なんていうか、個人的にシグナムがステキすぎます。
あと、なのはとレイジングハート。
次回からは、バトルは休止で日常がメインに描かれそうで、楽しみです。


人気blogランキング
→なのはA's応援してます。ついででいいのでサイトも応援お願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
『なのはと愉快な仲間達A's 第2話』
凄く面白かったです。
玉突きボンバー最高(笑)。

アルフさんは乳要員なんですか。
じゃあ別にいらないです(笑)。
むしろ早くこいぬフォームが見たいところ。

で、
>詳しい情報希望です
はネタじゃなくて本気ですよね。
私自身の解析じゃないですが、
Schwalben fliegen!(シュヴァルベン・フリーゲン)
らしいですよ。

ちなみに、シャマルは参謀。
シグナムが将で、後の2人(1人と1匹?)はヒラです(笑)。


最後に、わざわざうちの宣伝みたいなことしていただいてありがとうございます。
期待に答えられる様に頑張りますので、これからもどうぞよろしく。
2005/10/13(木) 21:09 | URL | halogen #rKgl1FOk[ 編集]
>halogenさん
 楽しんでもらえて嬉しいですw
アルフのこいぬフォームは楽しみですね、フェレット版ユーノくんもたじたじです。真の乳の持ち主はシグナムさんです。

Schwalben fliegen!ですか。玉突きボンバー発言失礼しました。レヴァンティンの詳細も知りたいところですwテンション高いので聞き取りサッパリですよ。

シャマルとシグナムを中心にヴォルケンは回っているわけですね、ヒラはいろいろ使われて可哀相(´;ω;`)

レビュー書く際に、halogenさんの記事は参考に使わせてもらってます、こちらこそよろしくです。
2005/10/13(木) 21:47 | URL | i-chan@管理人 #hSCFVYi.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ichanzaregoto.blog26.fc2.com/tb.php/16-6c780fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「戦いの嵐、ふたたびなの」 突如の襲撃者を前に危機に陥ったなのは。その危機に現れ
2005/10/13(木) 20:36:53 | たこの感想文
今週は前回からの続きでバトル満載で熱すぎです。アイキャッチのヴィータかわいいなw 
2005/10/13(木) 20:50:29 | youth-kの若かりし日々+PLUS
第二話からは皆さんお馴染みのなのはポエム(アバンタイトル)が復活。第一話では無かったので少し心配だったのですが、今回もあるので良かったです。Aパートの冒頭でアリサ嬢が登場。今回の出番はこれだけです。来週は出番が結構ありそうなので今日のところは....
2005/10/13(木) 20:56:38 | 暇潰し日記
魔法少女リリカルなのはA's 第2話 「戦いの嵐、ふたたびなの」 (キャプ感想)
2005/10/13(木) 20:58:36 | 萌えと燃えの日記。
「それは、小さな願いでした。望んだのは静かな日々。待っていたのは遠く離れた友達との再開。だけど、訪れたのは突然の襲撃者。出会い、戦い、大きな力。運命が今、静かに動き始めて。嵐の中でも心を繋げた絆を信じて。魔法少女リリカルなのはA's、はじまります」。キャ...
2005/10/13(木) 21:06:00 | ボーダーライン
記事の内容がなんか「なのは」についてあんまり書かれていませんがそれでも読んでくれます?
2005/10/13(木) 21:06:08 |  ささやかな ひとりごと 
それは、小さな願いでした望んだのは静かな日々待っていたのは、遠く離れた大切な友達との再会だけど、訪れたのは突然の襲撃者出会い、戦い、大きな力運命が、今静かに動き始めて嵐の中でも、心を繋げた絆を信じて夜、電話で会話するアリサとす....
2005/10/13(木) 21:10:42 | パズライズ日記
魔法少女リリカルなのはA's 第2話 「戦いの嵐、ふたたびなの」はじまりはいつだって突然。だけど、あまりに突然すぎるこの事態。混乱、困惑どうし
2005/10/13(木) 21:24:00 | Yotch Chronicle
[なのはのピンチに現れたフェイトとユーノ、アルフ。しかし、敵も一人では無かった。シグナム、ザフィーラの二人が加わり、さらに遠隔からシャマルが狙っていた。フェイト達は、なんとか空間を打ち破って移動を試みようとするが、シグナム達の攻撃はあまりに強く、結界は堅
2005/10/13(木) 21:25:27 | ルナティック・ムーン
今回から、OP前に前回の纏めがついた?結構わかりやすい、かな。しかしOP好きだなあ・・・ほんとCD買いそうでヤバいですよ冒頭――電話中のアリサとすずか。ど
2005/10/13(木) 21:26:33 | * Happy Music *
「戦いの嵐、ふたたびなの」今回も戦闘シーン、迫力満点でした!やっぱりなのはは最高ですねvv冒頭。なのはとフェイトちゃんの再会が近いことを喜ぶアリサとすずか。二人のためにお祝い会
2005/10/13(木) 21:43:58 | ラブアニメ。
第1話は様子見で感想は書きませんでした。 だから感想はこの第2話からとなります。 では早速いきます。 前回、謎のロリっ娘に襲撃されるなのは。 そしてボッコボコにされたなのはを助けにきたフェイト。 そこから第2話が始まります。 僕の義妹になりませんか?
2005/10/13(木) 22:07:06 | AIR HEAD
魔法少女リリカルなのはA’s 公式ホームページアニメ・パプリカ前回に引き続き戦闘シーンバリバリな今回。すげー緊張感と、テンポのよさ、全然飽きません!!前回でかなりダメージを食らったなのはと、援護に来たフェイトちゃん。そして援護に来ても戦え....
2005/10/13(木) 22:39:10 | パプリカのアニメ鑑賞よた話
(゚∀゚) ARIAハジマタ(-_-) ウトウト・・・(-_-) zzz( ;゚Д゚)ハッ!いつのまにか寝てた・・・心地よいBGMなどリラクゼーション効果が抜群なのでいい意味で眠気が襲ってくるARIAでありますが、癒しの雰囲
2005/10/13(木) 22:46:14 | 【馬と戯れる少女逆転スリーラン】
やっと管理人は毎回タイトルの最後に「なの」が付くことがわかったなの・・・・・・流してやってください( p_q)さっそく感想へ!先週の第1話はAパートまで見逃してしまってOP見たの初めてなんです。戦闘シーンはよかったですが、変身シーンしか頭に残りませんでしたwO
2005/10/13(木) 22:56:33 | endlessspace-無限空間
 仲良く電話してる、すずかとアリサ。彼女達もフェイトとの再会を心待ちにしているようで、仲良くことは目出度き哉☆ しかし一足早く、再会を果たした、なのはとフェイトは、ちょっぴり大変な事に。ヴォルケンリッターの方でも、時空管理局の存在は承知のようで、話し合..
2005/10/13(木) 23:05:53 | 月の砂漠のあしあと
#2 「戦いの嵐、ふたたびなの」 フェイトとの再会のことで電話で盛りあがるアリサとすずか。なのは は、もっと楽しみしてるだろうと・・・てかもう再会してますが^^;前回ラスト、なのはの危機に現れたフェイト、アルフ、ユーノ。ビル群を縫って激しい魔法戦闘が始まる
2005/10/13(木) 23:15:53 | + SERAらく日記 +
前回の放送が私にとっての初リリカルだったのですが(^_^;。大体どういう雰囲気のアニメなのかは分かってきました。前の放送では、まだ謎も多かったのですがさて今回はどうでしょうか?突然の襲撃者によって運命が大きく動き出したなのはちゃん、戦いの嵐...
2005/10/14(金) 00:50:28 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
ヴィータ初描き。とりあえず、練習がてら全体絵で・・・うーん、難しいな・・・(汗さて、リリカルなのは第二話。こんな熱いアニメを深夜に見ちゃったら眠れなくなって困ります(汗OPはやっぱり文句なし。主題歌ももちろんOP,ED共に予約しましたっ♪...
2005/10/14(金) 03:21:07 | すのくろブログ
みなさんおはらっきー☆ではリリカルなのは感想です。今回もクオリティ高っ!!! 女の子二人の会話・・・誰っ?まだキ
2005/10/14(金) 03:25:43 | じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり~
なんでなのはの戦闘シーンはこんなに熱いのだろう
2005/10/14(金) 04:05:07 | 宇宙魔王の秘密基地
「魔法少女リリカルなのはA's」第2話です。いよいよ第2話~~^^vリリカル☆パーティSPで1話を見てから3週間弱。待ちに待っていましたです。さて、第2話本編の冒頭はすずかちゃんとアリサちゃんが電話でお話中。フェイトちゃんが帰ってくるってことでお迎えイベントについ
2005/10/14(金) 08:46:40 | もえろぐ
おれの、俺のなのはをいじめるな~~~!!!(←お前のじゃない)シャマル やることがグロいよ・・・。なのはの胸の部分から腕を出すとかどういう神経してるんですか?俺は基本的にグロいのは好きなんですが、なのは相手ならば一切許しませんよ!
2005/10/14(金) 21:12:42 | 朦朦たる日記
魔法少女リリカルなのはA's第02話「戦いの嵐、ふたたびなの」
2005/10/15(土) 00:49:46 | 勝つためには何でもする。そう、戦わずして逃げることも必要だ!
       やっぱりOPがテラカッコイイ!(>ヮ<)2話目も引き続きバリバリの戦闘描写です。今期アニメの中ではぶっちぎりの作画クオリティーですね■フェイトVSヴィータフェイトは時空管理局の嘱託魔導師....
2005/10/15(土) 03:00:15 | 萌え喫茶
<今回のマジックアイテムネタ収穫>魔導弾:カートリッジ型の魔術増幅デバイス。一時的に魔導力を増幅する。今度のFEARさんのネタになるか、注目ですね(ぁ<今回予告>それは小さな願いでした。望んだのは静かな日々。待っていたのは、遠く離れた大切....
2005/10/15(土) 05:41:54 | 鴎の行くままに ~とあるTRPG者の呟き~
なのはとフェイト、互いに頬染めあう百合からスタートする今週のリリカル。相変わらずOPには聞き入ってしまいますね、種とは大違いだ・・・まあ最近はシングルは滅法買わなくなってしまったのでアルバム待ちなわけですが。次はいつですかね???
2005/10/15(土) 18:02:06 | 木下クラブlog
魔法少女リリカルなのはA's公式サイトサンテレビ26:05-26:35 第2話「戦いの嵐、ふたたびなの」「レイジングハートとバルディッシュがー!!
2005/10/15(土) 19:12:51 | あにたむ素兎亭・別館
魔法少女リリカルなのはA's 第02話 「戦いの嵐、ふたたびなの」毎週楽しみにしている、なのはA's第2話ですよ~
2005/10/16(日) 01:31:32 | MADの日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。